2018年02月21日

「集団」が日本の伝統であり持ち味

 オリンピックの女子団体パシュートを見て感じたことがある。
 彼女たちは、300日間生活を共にしてきたという。
 まさに、チーム力の勝利だろう。

 そして、この「集団で力を発揮する」のが日本の伝統であり、持ち味だと思うのだ。

 個室を条件にした新型と言われる特別養護老人ホームが誕生してずいぶん経つが、今でも多床室のニーズは少なくない。
 うちの亡くなった父でさえ、「一人だと寂しいから個室は嫌だ」とわざわざ4人部屋へ移動した。

 たしかに、北欧は「個別生活」を重視する。
 一時期(今でも)北欧の社会福祉が最も先進的だという幻想が日本の中には根強いが、日本の伝統や文化の中でも同じ価値観でいいのだろうか?

 僕は、西洋かぶれした世代だから、個人主義の塊だが、僕らの世代だって、団体生活を大切にしている人の方が多い。
 そろそろ、国も反省して、個室主義一辺倒を止めた方が良い。

 団体パシュートを見て、彼女たちの信頼し合う場面に接し、なおさら「集団活動の見直し」が必要ではないかと思った次第。
 個室よりも、多床室の方が支出の減る。
 政府が一番喜ぶことでもある。

 
posted by 先生 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2018年02月04日

「成人」とは何か?

今年は成人式に関わる事件があったので、余計に「成人」に対する疑問がわく。
大辞林によると次のような意味らしい。
@ 心身ともに成長して、一人前の人間になること。また、その人。
A 成年に達すること。また、その人。現代日本では満二〇歳以上の男女をいう。

詰まるところが、今の二十歳が「成人」なのかということ。
身体はともかく、精神的に一人前の人間として成長を遂げているのだろうか?

36年程前の僕でさえ、二十歳の時に高卒で社会人になっな幼なじみ達が、随分大人に見えたものである。とても、彼らと並んで「成人です」とは言えなかった。

時代は変わったが、むしろ幼児化しているのではないかと思う。
ニートだったり、パラサイトシングルなる言葉が生まれる現状である。

ただ、法律的には様々な矛盾がある。
民法では未成年であるのに選挙権があったり、女性は16才、男性は18才で結婚ができる。
結婚ができると言いながら、二十歳未満の場合は保護者の許可が必要なのだが、結婚するということは社会的にも独立して家族を持つことでもあるし、子供をもうけることも問題ないということ。
なのに、「成人」ではない訳だ。

憲法改正で大騒ぎしているが、先ずは実情と法律との間に整合性が無い部分から見直すべきではないだろうか?

少なくても、民法の見直しは必要だろう。
児童が結婚して母親になれる、というのは常識的におかしい。

18才を成人として各法律を整合させるのが、国にとって1番合理的だと思うが、もしそうするならば、18才で社会人として自覚を持てるような教育と社会体制の整備をしてからだろう。
posted by 先生 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2018年01月15日

介護業界にブラック企業が特段多い訳じゃない

介護業界はブラック企業の温床の如く話す人が多い。
だが、それは少し違う。

まず、被害者意識を持ちやすい特性を持った人が、多く集まってしまったという業界の傾向がある。
そして、そういう人は同情されたいという欲求が強い。
だから、SNSなどに書き込む人が多いが、実名で書く人は少ない。

納得のできない労働環境であれば、どうすれば健全運営できるか、積極的に考え、意見を言うべきだ。

一緒に愚痴を言うのは実に居心地がいい。
だが、愚痴をこぼしているだけの人間の給料が上がる世界はどこにもないことを自覚すべきだ。

良いサービスにするために、自ら知恵を絞る。
それが今、介護業界に必要なことだ。
posted by 先生 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年12月27日

介護保険の理念を捨てるとき

  いよいよ国がインセンティブを持ち出してきた。   
  この意味は大きい。
  国は「介護事業者としての善意、専門性を高める努力」に対し、降参したことを意味する。
  交付金がもらえることは経営上助かるが、代わりに失う介護事業のプライドや善意の方が大きい。
  単に収入が増えると喜んではいけない。
  介護サービスはニンジンを鼻先にぶら下げなければ、やるべきことをやらない、という烙印を圧される。
  業界の地位は、地に落ちる。
  今後はまったく違う制度、違う仕事だと思って取り組んだ方がよい。
posted by 先生 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

介護保険の理念を捨てるとき

  いよいよ国がインセンティブを持ち出してきた。   
  この意味は大きい。
  国は「介護事業者としての善意、専門性を高める努力」に対し、降参したことを意味する。
  交付金がもらえることは経営上助かるが、代わりに失う介護事業のプライドや善意の方が大きい。
  単に収入が増えると喜んではいけない。
  介護サービスはニンジンを鼻先にぶら下げなければ、やるべきことをやらない、という烙印を圧される。
  業界の地位は、地に落ちる。
  今後はまったく違う制度、違う仕事だと思って取り組んだ方がよい。

posted by 先生 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年10月27日

介護報酬改定の論点がずれている

 昨日、選挙の影響を避けるために発表を避けていた介護事業経営実態調査が発表された。
 相変わらず、現政権のやり方は姑息だ。

 調査結果によると、前回調査よりも利益率は下がっているものの、居宅介護支援事業所以外は全事業が黒字経営であり「介護報酬は下げる余地が十分にある」と見当はずれで、財務省に都合が良いだけの結果を示している。

 毎回思うのだが、これ以上介護報酬を下げると、介護保険制度自体が持続できない。
 財源を救済できても、サービスを維持できないからだ。

 結局、黒字になった事業所は生き残り、赤字の事業所は潰れているという現実から目をそむけている。
 その結果として、利用者の利便性は後退していることも無視されている。

 現在の介護保険制度は、多くの点で憲法違反を犯していることを忘れてはならない。
 まず、設定されたサービスが、使いたくても使えない「サービス未整備地区」が存在することだ。
 本来であれば、赤字でも国が財源を投じて、全国各地で同じようにサービスを使えなくては、不平等であり、対象者の幸福を侵害する大問題である。
 そこを解決せずして、一方的に財政優先策を講じ続けるとはいったい何事か?
 
 介護保険料が保険者によって違う、特には答弁するだろうが、それはこういう事態を見越して、国が仕掛けた罠みたいなものだ。

 憲法に対して誠実であるならば、すべての国民が平等に、健康的で文化的な生活を保障されるべきである。

 介護報酬を下げれば、さらに事業所閉鎖は続き、介護に関わる人すべての処遇は劣化する。
 それはすなわち、国民の幸福を無視した暴挙であることを、国や政治家は自覚しなければならない。

 現在の、財務省主導の介護保険改正に対し、厚労省が本家としての強い意志を示してほしいと切に願う。
 与党の厚生労働委員会のメンバーももっと国民に寄り添ってほしい。
posted by 先生 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年09月25日

大義ではなく大偽

  解散の大義について、一生懸命述べていたが、国民をさらに欺く話のオンパレード。
  現政権の政策はことごとく失敗しており、その反省もなく、新たな看板だけ掛け替えても意味がない。

  だいたい、拉致被害解決を期待されて出世を重ねたのに、小泉さん以降、全く前進なし。この事実だけでも、首相退陣の理由になると思うのだが。

  吐き気を抑えながら会見を見た。
posted by 先生 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年08月27日

なぜ自然増加分を全額減らす?

  日本の政治はおかしい。
  1970年に高齢化社会に突入して以来、ずっと社会保障関係費の増加は政治的な課題であったはずだ。

  だから、想定外に高齢者数が増えたというなら、その分を何とか節約できないか?と考えるのは当然だと思う。

  だが、小泉政権以降、自然増分全額を削減しようとする。

  これは、いかに政治家が無策で、将来を見通した計画を立てて来なかったことの証左では?

   それでいて、イージス艦やイージス・アショアを買いまくるのだから、国民が大事なんだか、アメリカが大事なんだか、よくわからない。

  結局、誰も幸せになれない。
posted by 先生 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年08月24日

家族の在り方

  国は憲法を変えてでも家族の責任を再設定しようとしている。
  確かに、社会福祉の最小単位は家族であると思うし、最後の手段としての意図はわかる。

  しかし、今や家族の在り方は変容している。無理矢理、様々な「義務化」を定義付けても機能しないだろう。

  遅すぎたかもしれないが、「家族」の定義を社会教育として徹底してからでないと厳しいと思う。
posted by 先生 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年08月17日

NAFTAの行方

  NAFTAの交渉が始まった。
  大統領選挙中からトランプ氏が主張してきたメキシコとの関税問題が主張通りになると、日本の基幹産業である自動車関係は苦境を強いられる。

  自動車城下町は安閑とはしていられない。
posted by 先生 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年08月14日

人づくり革命より先にやるべきこと

  またまた、くだらないスローガンだけの政策が始まった。
  大臣の数が増え、政策に伴う経費が増えるだけで、効果は望めない。

  革命的に人づくりをする前に、常識的に政治家を選ぶことの方が先決ではないか?

  今のように、票は集めるが、人格、能力、行動が伴わない政治家を増やしていることが、最も国益を損ねる。

  まずは、政治が信頼と尊敬の対象になることから始めるべき。

  いくら、頭を下げて見せても、こういう実のないスローガンだけの政策を打ち出しているうちは、とても信用できないのである。
posted by 先生 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年07月30日

後手後手政権は退場を

  日本も壊滅的な時代の入り口に立ってしまった。
  安倍政権の「見せかけ政策」がだめ押ししたのは間違いない。

  3本の矢などと浮かれて、タイトルコールだけで成果に繋がらない政策ばかり。

  少子高齢化が桁外れの低レベルで推移して来たから、国内の消費基盤は歪曲してしまい、経済を支えられる状態ではない。
  国外市場も、日本の技術は一気に真似され、かつての日本のように高性能でローコストという強みを多くの国に奪われてしまった。

  とにかく今は、見せかけの数字作りに注力せずに、経済基盤の安定化や補強をすべきである。

  現政権には無理な話なので、早く態勢を切り替えた方がいい。
posted by 先生 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年07月08日

日本が唯一リーダーシップを発揮できると思うのだが

  このニュースが流れる度に書いているが、核兵器反対は本来日本が主張すべきこと。
  アメリカの核兵器が抑止力になっているから、棄権したり反対票を投じているそうだが、それでは犠牲になった方々に顔向けできないと思わないのだろうか?

  自国のことだけ考える立場ではないと思うのだが。
posted by 先生 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年07月05日

まずは「なぜ?」を解明すべき

  女性用のシェルターがあるという。
  男性からのDVなどから逃れるための場所だ。
  豊田真由子議員の暴言、暴力を見ると、なぜ男性用はないのだろうか?と思ってしまう。

  電車も、女性専用車両はあるが、男性専用車両はない。

  なぜだろう?

 男女共同参画、1億総活躍社会などと、女性も男性と同様に社会で活動することが求められている。

  だが、相変わらず加害者は男、被害者は女という構図は変わらない。

  なぜだろう?

  この「なぜ」を解明せずに今のような政策を続けても、何の効果も出ない気がするが。
posted by 先生 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年07月04日

ミイラとりがミイラになった小池さん

  小池さんのブームが続いているが、僕は疑問である。
  日本新党の細川さん、そして小沢さん、小泉純一郎さんと「勝ち馬に乗る」を続けてきた小池さんのなりふり構わない上昇志向は、恐怖さえ感じる。

  それが今や、ご自身が勝ち馬で「乗られる」立場。

  この役割の切り換えをうまくできるのだろうか?

  とにかく、側近と言われる人達に不安を感じる。

  日本の1割の人達の命運がかかっているのだが、どうなるのだろうか。
posted by 先生 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年06月28日

タラップをエスカレーターにできないか?

  搭乗口から直接的搭乗出来ないときがある。
  バスで飛行機の近くまで行き、タラップを自力で昇るのだが、これが結構きつい。

  五十肩の酷いときで、キャリアバッグをもって乗るときは、気合いを入れて乗る。

  だが、タラップをエスカレーター式にするくらい出来るのではないだろうか?

  交通バリアフリー法もあるんだから、航空機会社も考えてほしいものだ。
posted by 先生 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年06月13日

日本語の壁は外国人だけじゃあない

  政治家ですら、まともに漢字も読めない今、外国人にまで日本語を課す日本。
  日本語が使いこなせている日本人はいったい何%くらいいるのだろ?

  身近な人の中にも、中学生でもわかるような言葉の意味を理解できない人もいる。

  日本語だけで全てを完結したいのなら、外国人に頼るのはやめて、日本のことは日本人だけで済ませられるスケールに留めることだ。

  まずは、高齢者の数を減らすことからか。

  これが不道徳だと思うなら、自分の回りを眺めてみるといい。

  余計な話だが、介護士で「介護」を正しく書けない日本人がいかに多いか知ってるのかな。
posted by 先生 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

名案なく壁が・・・。

  2025年どころではない。
  来年のことを考えるだけで苦しい。

  診療報酬と介護報酬の同時改訂は、今よりも業界にとって厳しいものになるだろう。

  自分の思考も止まったまま。

  考えることに集中できない環境ももどかしいし、邪魔も雑音も入る。

  自分が希望も持てずに、他人に希望を持たせることなんかできるのだろうか?

  嫌な汗が出る。
posted by 先生 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年06月03日

新プランは得意技

  待機児童ゼロを三年先送りした。
  新プランで示したもので、結局、政策は有効ではなかったということ。

  いつもそうだ。
  達成できないとわかると、新プランを発表する。
  単なる時間稼ぎなのだが、それでも達成できない場合は、結果を有耶無耶にする。

  国民を騙すのが政治家とエリート官僚の仕事になっちゃあいかんだろう。
posted by 先生 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年06月01日

教員に社会的な常識がない

  だいたい、学校から出たことがないような者に、一般社会の常識的な判断が出来るわけがない。
  小学校から大学卒業までも、その上就職先も学校。社会通念とはかけ離れた価値観の元でキャリアを積んでいく。
  いじめかどうかも判断できないのだろうな。
  ましてや、定年後に勲章をもらいたくて仕方ない、子供よりも勲章の方が、優先順位が高いバカな校長でもいたら、まずは、いじめの事実は揉み消せと言われるだろう。
  バカな業界だ。
  みんな、一般企業で三年くらい働いてから、教員をやればいい、
posted by 先生 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言