2017年06月01日

教員に社会的な常識がない

  だいたい、学校から出たことがないような者に、一般社会の常識的な判断が出来るわけがない。
  小学校から大学卒業までも、その上就職先も学校。社会通念とはかけ離れた価値観の元でキャリアを積んでいく。
  いじめかどうかも判断できないのだろうな。
  ましてや、定年後に勲章をもらいたくて仕方ない、子供よりも勲章の方が、優先順位が高いバカな校長でもいたら、まずは、いじめの事実は揉み消せと言われるだろう。
  バカな業界だ。
  みんな、一般企業で三年くらい働いてから、教員をやればいい、
posted by 先生 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年05月31日のつぶやき


















posted by 先生 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月31日

2017年05月30日のつぶやき
























posted by 先生 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月30日

こども保険?

  小泉進次郎さんらが、「こども保険」創設を提言した。
  反対意見の中には、子供がいない、または子供を作らない人には負担だけで恩恵がないというのが多い。

  これは間違い。

  これからの国を支えるのは子供達であり、年を取らないというなら良いが、今や80年以上生きてしまう。
  ならば、支えられる時は必ず来る。
  子供に投資する姿勢は正しいと思うが、今必要なのは明確な国のビジョンだ。
  人口を何人にし、各世代人口の割合をどのように設定するか?
  そのためには、何人の子供が必要なのか?

  そこまで、きちんと説明しないと、バラマキで終わってしまう。
posted by 先生 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 次代を担う人たちへ

2017年05月29日のつぶやき










posted by 先生 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月29日

2017年05月28日のつぶやき




















posted by 先生 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月28日

2017年05月27日のつぶやき


























posted by 先生 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月27日

2017年05月26日のつぶやき






























posted by 先生 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月26日

国が責任を持つべき

  社会福祉法人の監事として、最後の監査を終えた。
  社会奉仕をしていられるような身分ではないので、わがままを言って、今期限り、任期を全うしたところで辞めさせてもらった。

  長年、苦労を共にした職員を置いて去るのも後ろ髪を引かれる思いだが仕方ない。

  監事を務めて思うことは、せめて第一種社会福祉事業だけは、国が責任を持つべきということだ。
posted by 先生 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府に苦言・提言

2017年05月25日のつぶやき




































posted by 先生 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記